中古船、中古漁船、中古ボート買取、販売、委託販売

買いたい方

  • メーカー

買いたい方

中古ボートの豆知識

中古ボートの魅力は何と言っても価格、その割安感でしょう。
同じ予算であれば、新艇に比べてかなり上級のモデルまで購入候補を広げることが可能になります。また、既にオプション類や艤装品が装備されているため、短期間で乗り出せることや、免許取得直後の操船に不安がある時期では気軽に乗れることも魅力の一つかも知れません。

・・・・でも、良い事ばかりではないのです。

長い間、海という過酷な環境で使われてきた商品は、新艇に比べるとそれなりに耐久力が落ちていると考えるのが自然ですし、経年による変化は確実に進行しているものなのです。
そして、その商品の程度は、前オーナーの使い方やメンテナンス履歴次第で、大きな差が生まれることも中古ボートの特徴です。ですから、ホントの「お買得艇」になるかならないかは、「良い状態で使われてきたモノ」或いは「良い状態にしてくれたモノ」を手に入れて、「良い状態を自らが維持する」ことで決まるのです。

船体費用
(エンジンや法定安全備品・取り付け費用を含みます)

船体費用

法定検査・名義変更費用

納艇前の整備費用ポートを購入時には、検査・名義変更費用、納艇前の整備費用などが必要です。

 

また、目的に合わせて追加装備の必要があればそれも考えておく必要があります。
中古艇については、良いコンディションを永く維持するためのエンジン消耗品のチェック・交換等をおこないましょう。

マリーナ費用
(ボートの保管にかかる保管場所(マリーナ)費用)

●マリーナ申し込み・補償金
申込金は初回のみ、返金されません。補償金は、利用解約時に全額返金されます。

年間保管料金
ボートの大きさ(長さ)で金額が異なります。
船台(陸上保管の場合)
購入が必要なマリーナやリース、年間保管料に含まれているマリーナがあります。

ボート購入後のランニングコスト
●燃料代
一般に、船外機エンジンはレギュラーガソリン、船内外機、船内機エンジンは、主に軽油、一部ガソリンを使用するエンジンもあります。

●定期点検、メンテナンス料
エンジンオイルなどの消耗品の交換、故障の修理など、海上系留の場合、船底への付着物を防ぐために、少なくとも年に一回は船底を塗装する必要があります。
ボート総合保険料
自動車の自賠責保険のような義務付けはないが、ボート向け任意保険があり、万一の備えに加入をするべきでしょう。

船舶検査費用
自動車の車検と同じく、エンジン付の船には『船舶検査』があり、3年前に検査が義務付けされています。

ーメリットー

ー購入〜高級プレゼント送付までの流れー

①掲載船契約購入ご連絡

②最終、zoom確認

※トラブル防止のため

③販売店、販売者と契約書交付

④船会社にご入金

⑤【当サイトへご報告】

⑥船入手 
※販売店より弊社確認

⑦御制約おめでとうございます。
プレゼント電子🎁カタログ
メールLINE送付

⑧プレゼント発送

豪華プレゼント商品イメージ